企業展示・企業講演

| 企業展示
大会期間中に協賛企業による「企業展示」を開催いたします。 是非、ご来場下さい。

日 時:9月27日~9月28日 8:00~17:00(28日は16時まで)
会 場:百周年中村記念館 1階

【参加企業】    

計測エンジニアリングシステム株式会社 九州電力株式会社 日本電計株式会社



| 企業講演
 協賛企業による講演を下記のとおり開催いたします。(※聴講には大会参加章が必要です。)
 内容は企業情報や商品、開発についてなどを講演されます。質疑応答もありますので多数ご聴講下さい。


 日 時:9月27日(金) 11:18~11:38
 会 場:10:42-11:38 第6会場(総合教育棟 1階 C-1C室) 計測
 演 題:シグナルインテグリティ問題の手軽な評価ツール
 講演者:テレダイン・レクロイ  辻 嘉樹
 講演概要:
シリアル・インタフェースのさらなる高速化によりシグナルインテグリティ(SI)問題は顕在化しています。従来、インタコネクトのSI評価には、高価で大きくデリケートなベクトル・ネットワーク・アナライザやTDR測定機が用いられてきましたが、専用の部屋で専任のエンジニアによって計測されるのが常でした。テレダイン・レクロイが今回発表したWavePulser 40iXは、40GHzの広帯域を持つ4ポート測定機ですが、高さ105mm × 幅305mm × 奥行230mmと小型でありながら、OSLT自動校正機能を内蔵し、かつESD保護回路も搭載しているので誰でも手軽に計測ができます。



 日 時:9月27日(金)  14:30~14:50
 会 場:14:30-16:02 第1会場(総合教育棟 1階 C-1A室)放電・高電圧・静電気・パルスパワー
 演 題:COMSOL Multiphysicsによるプラズマプロセスのマルチフィジックス解析
 講演者:計測エンジニアリング株式会社  トン・リチュ 氏
 講演概要:
プラズマプロセスにおいては、電離や再結合等のバランスによるプラズマの維持や活性種の生成などのため、電子とそのエネルギーの輸送、イオンと励起種および反応種の輸送、空間荷電粒子を含む電場、外部から印加された電磁場、およびガス流と伝熱など様々な物理化学現象が起こり、解析難度が高い。本講演では、有限要素法(FEM)ベースの汎用物理シミュレーションツールCOMSOL Multiphysicsに基づくプラズマプロセスのマルチフィジックス解析技術を説明し、低圧プラズマから大気圧プラズマまでの高度な数値シミュレーション事例を述べる。



 日 時:9月27日(金)  15:54~16:14
 会 場:14:30-16:14 第5会場(総合教育棟 3階 C-3B室) パワーエレクトロニクス
 演 題:三相インバータ試験に対応する多チャンネル任意波形発生器の紹介
 講演者:テレダイン・レクロイ  辻 嘉樹
 講演概要:
SiCやGaNなどの新しいデバイスの登場で、三相インバータの効率改善がさらに加速されています。テレダイン・レクロイは、パワーデバイスの駆動に最適な多チャンネル任意波形発生機をテレダイン・テスト・ツール・ブランドで提供していました。この任意波形発生機は、350MHzの広帯域で16ビットの高分解能を持ち、出力電圧のレンジが±24Vという広いため、外部アンプなしにパワーデバイスのゲート駆動として用いることができます。今回従来の2チャンネルモデルに加えて、4チャンネルと8チャンネルの多チャンネルモデルを追加発表いたしました。三相インバータ制御にも対応した本機の紹介をいたします。



 日 時:9月28日(土) 10:00~10:20
 会 場:10:00-11:08 第2会場(総合教育棟 1階 C-1B室) 電力技術・エネルギー
 演 題:高経年電力設備の診断と修復技術のご紹介
 講演者:四日市電機株式会社  石田真一 氏
 講演概要:
ケーブルワイズによる電力ケーブルシステム活線診断と、電力ケーブルの絶縁回復技術についての紹介を行う。








更新:2019年8月28日